Nomad

チェンマイでおすすめのコワーキングスペース3選【ノマドワーカーは必見です】

こんにちは、シュン(@shunkurahayashi)です。
 

今回は、『チェンマイでおすすめのコワーキングスペース3選』をご紹介します。
 

チェンマイは「ノマドの聖地」と呼ばれるだけあって、お洒落なコワーキングスペースがたくさんあります。
 

そこで今回、個人的におすすめのコワーキングスペースを3つに絞って紹介していくので、チェンマイでノマドしている方はぜひご覧ください。
 

※なお、コワーキングスペースに行くときは上着必須です。どこも冷房ガンガンなので、一枚上着を持っていきましょう。

 

というわけで、さっそく見ていきましょう!
 

チェンマイでおすすめのコワーキングスペース3選【ノマドワーカーは必見です】

  • Yellow Coworking Space
  • Life Space
  • CAMP

 

上記全て、「ニマンヘミンエリア」にあります。ニマンヘミンはチェンマイの中で最もお洒落なエリアで、「チェンマイの代官山」とも呼ばれている場所です。
 

①Yellow Coworking Space

Yellow Coworking Space
 
1つ目のおすすめコワーキングは、「Yellow Coworking Space」です。

 

利用料は少し高めですが、24時間営業なので夜遅くまで作業したい方におすすめです。
 

入口はこんな感じ。

Yellow Coworking Spaceの入口
 

お洒落ですよね。室内もかなり広く、開放感があります。

Yellow Coworking Spaceの室内
 

オンラインミーティングができる個室もあるので、Zoomでの打ち合わせも可能です。
 

客層は、ヨーロッパ系の外国人が多い印象でしたね。世界中からノマドが集まっているので、ぜひ行ってみてください。
 

②Life Space

Life Space
 
2つ目のおすすめコワーキングは、「Life Space」です。

  • アクセス:https://g.page/lifespaceth?share
  • 料金:5時間120バーツ(ドリンク1杯無料) / 1日180バーツ(ドリンク1杯無料)
  • 営業時間:9:30~22:00(月曜定休)

 

こちらはわりと人が少ないので、静かな環境で仕事したい方におすすめです。
 

入口はこんな感じ。

Life Spaceの入口
 

入ったらまず「5時間利用 or 1日利用」のどちらかを選んで、料金を支払います。そのあと中に入り、ドリンクを注文する流れです。
 

リラックススペースもあるので、ここでゆったり仕事することもできます。

Life Spaceのリラックススペース
 

客層は、僕が行った時はほとんどタイ人でした。料金も安く集中して作業できるので、コスパ神です。
 

③CAMP

CAMP
 
最後に、チェンマイで一番有名なコワーキングスペース「CAMP」です。

 

こちらは大型ショッピングモール「MAYA」の5階にあります。

MAYA
 

ショッピングモール内にはフードコートやスーパーもあるので、「CAMPで作業しつつ、フードコートでご飯を食べ、買い物して帰る」みたいな感じで1日中過ごせます。
 

最初にドリンクいっぱい頼むと、2時間制限のWiFiパスワードがもらえるシステムです。(AISのWiFiも通っているので、僕はいつもそれを使ってます)

CAMPの室内
 

客層は、外国人とタイ人が半々くらい。チェンマイに行くなら一度は行っておきたいコワーキングスペースですね。
 

なお、CAMPについては下記記事で詳しくまとめているので、良ければこちらもどうぞ。


 

以上、チェンマイでおすすめのコワーキングスペース3選でした!

-Nomad