Nomad

経験から気づいた、海外ノマドワーカーの現実を暴露する【理想とのギャップ】

2021-12-30

こんにちは、シュンです。
 

Web制作やブログをしながら、海外ノマドワーカーとして活動しています。
 

早速ですが皆さん、「ノマドワーカー」ってどんなイメージですか?

  • めちゃくちゃ自由そう
  • ストレス無さそう
  • 毎日楽しそう
  • 外国人の友達多そう

 

こんな風に思っていないでしょうか。
僕もノマド生活を始める前は、こんなイメージでした。
 

でも現実を見ると、「海外ノマドになったけど、すぐに辞めてしまう」という人も多いです。
 

今回はその理由も含め、「理想と現実のギャップ」を実体験から解説していきます。将来ノマドを目指している方は、ぜひご覧ください。
 

経験から気づいた、海外ノマドワーカーの現実を暴露する【理想とのギャップ】

経験から気づいた、海外ノマドワーカーの現実を暴露する【理想とのギャップ】
 
海外ノマドをすぐに辞める最も多い理由が、『孤独感』です。
 

「恋人や家族と一緒にノマド」
「友達とノマド」
「コミュニティメンバーでノマド」
 

これなら問題ないのですが、「1人でノマド」は正直めちゃくちゃ孤独を感じると思います。

  • 話し相手がいない
  • 困った時に助けてくれる人がいない
  • そもそも日本語が通じない

 

といった感じで、想像以上に孤独なんですよね。
 

僕自身、最近はわりと海外の友達も増えてきましたが、ノマドになった当初は「完全孤独」だったので、精神的にかなりしんどかったです。
 

特に初めていく国とかだと、余計ですね。
 

とはいえ、もちろん楽しさもあります

  • 楽しさ:7割
  • 寂しさ:3割

 

個人的には、こういった割合です。
 

海外ノマドになると、「日常がコンテンツになる」という最強のメリットがあります。
 

街を歩いてる動画をインスタにアップすれば、それだけで周りに興味を持たれます。こんなコスパの良いこと無いですよね。
 

普通に生活しているだけで新しい発見が頻繁にあるし、初めての経験が多すぎるので、毎日ワクワクしながら過ごすこともできます。
 

好奇心旺盛な人からしたら、海外ノマドという働き方は刺激的でたまりません。
 

仕事のパフォーマンスも上がる

「旅をしながら仕事」って効率悪そうに見えますが、実際そんなこともないです。
 

海外ノマドになる前は、「ずっと家に引きこもって作業してた方が収入は上がる」と思ってましたが、「日常生活を全力で楽しんでる時が、一番調子が良くて収入も上がる」ということに、最近気づきました。
 

移動や観光で時間を取られたり、環境が激変して疲れているはずなのに、謎ですよね。
 

アイデアも浮かぶし、やる気も出るので、「最近モチベ上がらないなぁ」と悩んでいる方は、一度「全力で楽しむ日」を作ってみるのもありかと思います。
 

海外ノマドワーカーを目指す人は、積極的に人と会っておきましょう

海外ノマドワーカーを目指す人は、積極的に人と会っておきましょう
 
僕みたいに、人見知りを理由にあまり人と関わらず進んでしまうと、確実に「孤独」を感じる時が来ます。
 

特にフリーランスは、孤独になりやすいです。
 

周りと違う生き方をすればするほど、徐々に価値観もずれてきますよね。「俺が必死で毎日働いてるのに、お前は自由に生きてていいな」と妬まれたりもします。
 

価値観が変わってくると、今までの友人とは疎遠になりやすいので、これは覚悟しなくてはなりません。
 

自分の価値観に共感してくれる人を、集めましょう

これが出来るのが、「SNS」です。
自分の価値観を発信していれば、やがてそれに共感してくれる人が集まります。
 

最初は意識高いやつに思われそうで恥ずかしいと思うかもですが、「フリーランス」や「ノマドワーカー」として生きていくなら、とても重要なことです。
 

僕も最初は恥ずかしかったけど、今は当たり前のように、日常生活の一部として情報発信をしています。
 

他にも、コミュニティに所属したり、イベントに参加したり、沢山行動して新しい仲間を見つけていけば、人生はより豊かになるはずです。
 

孤独にならないためにも、自分から積極的に動いていきましょう。
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

よろしければ、こちらもどうぞ。

-Nomad