Web制作

【Web制作】独学するなら何からやるべき?具体的なステップを解説します

2022-02-27

Web制作の独学を始めたいんだけど、何から始めたらいいのか分からない。誰か具体的なステップを教えて...。

こういった方向けです。
 

この記事を書いた人

Shun
学生時代にWeb制作を独学→制作会社でアルバイト→新卒でフリーランス→制作費無料のサブスクWeb制作事業開始→1年で契約数30件超→法人1社提携→海外ノマド

 

Web制作をいざ勉強しようと思っても、実際に何からやればいいのか悩んでしまう方もいますよね。
 

そこで今回、「これを読めばスムーズに学習に入れることが出来る!」といった記事を書いていきますので、これから独学を始める方はぜひご覧ください。
 

というわけで、早速見ていきましょう。
 

【Web制作】独学するなら何からやるべき?具体的なステップを解説します

【Web制作独学】何から始めればいいか?具体的な学習ステップを解説します
 
具体的なステップは、以下の通りです。

  • 目的を定める
  • 必要なスキルを理解する
  • Progateで基礎学習
  • ドットインストールで理解を深める
  • YouTubeで部分的に学習
  • 自分のエディタでコードを書いてみる

 

それぞれ順番に解説していきますね。
 

①目的を定める

まずは、目的を明確にすることから始めましょう。

  • 就職、もしくは転職がしたいのか
  • フリーランスになりたいのか
  • 副業で稼ぎたいのか

 

などなど、まずは「Web制作を学んでどうなりたいのか」を定めましょう。「旅しながら自由に暮らしたい!」とかもいいですね。
 

デザイナー or コーダー

これに関しても、どちらにするか迷う人もいると思います。たまに「どっちが稼ぎやすいですか?」と聞いてくる人もいますが、それよりも自分が「楽しそうだな」と思う方を選んだ方が、将来的に見るといいです。
 

とは言え、どうしても選べないなら「コーディング」をおすすめします。
なぜなら、仮にデザインに興味を持ったとしても、コーダー目線を理解してデザインができると強いから。
 

先にコーディングを学んでおくことでデザインも学びやすくなるので、迷っているなら参考にしてください。
 

②必要スキルを理解する

ここも勘違いしてる人が多いので、下記にまとめますね。
 

Web制作で必要となるスキル

  • HTML、CSS
  • Sass
  • jQuery
  • WordPress
  • Webデザイン

 

基本的には、この辺りが必要です。あれば尚良いスキルとして、「JavaScriptの基礎」と「PHPの基礎」もあげられます。
 

Webデザインというのは、デザインツール(Illustrator、Photoshop、XD)を最低限扱えるスキルを、ここでは指しています。
 

1つ注意してほしいのが、RubyやPythonといった開発言語は、Web制作では必要ないこと。これは最初に覚えておきましょう。
 

Web制作とWeb開発の違いについて

ここがイマイチ分かってない方は、下記記事をご覧ください。


 

ここまで完了できたら、次から学習フェーズに入っていきます。
 

③Progateで基礎学習

学習の入口に最適なのは、Progateです。
ゲーム感覚でプログラミングを学べるWebサービスですね。
 

Progateで、まずはHTML/CSSを学びましょう。
 

おそらく理解に苦しむと思いますが、完璧に理解せず、「何となくイメージを掴んでやるぞ」くらいの感覚で問題ありません。
 

④ドットインストールで理解を深める

ドットインストールとは、動画形式でプログラミングを学べるWebサービスです。
 

こちらでも、HTML/CSSを学びます。この2つはWeb制作をやる上で一番重要となるスキルなので、しっかり時間をかけて学習してください。
 

Progateでイメージを掴む→ドットインストールで理解を深める
 

こういったイメージでやるといいです。なお、動画を見るだけでなく、自分でも手を動かしながら学習しましょう。
 

⑤YouTubeで部分的に学習

  • html 初心者
  • html 入門
  • html 基礎

 

こんな感じで調べれば有益動画がたくさん出てくるので、それを片っ端から見ましょう。
 

Progateやドットインストールとは違った視点からの解説も取り入れることで、より理解を深めることに繋がります。
 

⑥自分のエディタでコードを書いてみる

エディタはなんでも良いですが、個人的には「Visual Studio Code」がおすすめです。
 

インストールが出来たら、これまで学んだことを活かして、実際に自分でコードを書いてみましょう。
 

とはいえ、99%手が動かない

「いきなり書いてみろ!」と言われても無茶なので、まずは写経をおすすめします。写経とは、他人のコードをそっくりそのまま書き写すこと。
 

こちらを参考に、まずはコーディングの流れを掴みましょう。
【Web制作独学】写経用サイトを無料公開します【完全初心者向け】
 

ここまで出来た方は、続きは下記のロードマップ通りに進めばOKです。この通りに進めば、月5万くらいは目指せます。


 

Web制作の独学を始める前に知っておきたい3つのこと

Web制作の独学を始める前に知っておきたい3つのこと
 
「独学を始めても9割の人が挫折する」と言われているほど、Web制作学習を継続することは難しいです。
 

なので独学を始める前に、今から解説する3つのことは覚えておいてください。

  • 完璧を求めないこと
  • 焦らず長期目線でやること
  • 参考にする人を一人決めること

 

完璧を求めないこと

Web制作学習において、完璧主義は捨てましょう。
 

なぜなら、奥が深すぎるから。
完璧を求めれば求めるほど、自爆します。
 

7割の理解でOK

「7割理解したら先へ進む」これを心がけてください。残り3割は、進んでいくうちに分かってきますので。
 

僕もわりと完璧主義なので、「分からないまま進むのは気持ち悪い...」と思う気持ちも分かりますが、Web制作をやるなら仕方なしです。ここは我慢して、とにかく前へ進むことを心がけましょう。
 

焦らず長期目線でやること

Web制作学習を始めて1ヶ月やそこらで稼げるようになるのは、めちゃくちゃハードル高い。
 

数ヶ月で稼げる人は超まれ。全体の0.1%くらいと思っていた方がいいです。
 

「短期間で稼げると思いWeb制作に手を出し、結果的に稼げなくて挫折する」

こういった人をよく見ますが、もっと長期目線で見ておいた方が継続できるし、大きな成果も出やすいので、焦らず自分のペースでやっていきましょう。
 

参考にする人を一人決めること

独学とは言え、参考にする人は一人決めておくといいですね。
 

参考にする人の決め方

おすすめは、自分より少し先にいる「こうなりたい!」って人を選ぶこと。一人決めたら、その人の学習方法や営業方法、稼ぎ方からマインド部分まで、徹底的に観察しましょう。
 

あとはそれを参考に、鬼作業するだけ。
 

1~2年の努力でフリーランスは達成できるので、諦めずに頑張ってください!
 

というわけで、今回は以上とします。

-Web制作
-